羊の家

迷えるヒツジとクマの家づくり 30代夫婦が建築家と工務店と三者四脚で走る備忘録

入居一年半経ってもモヤモヤすること~タイルの価値は目地で決まる編~

こんにちは!(@・∀・)ノハローエビバデー

タイトルが釣り気味で申し訳ありません。

本日は入居一年半以上経っても気になる点についてです。
建築当初からずっと気にしていてモヤモヤしている箇所。
 
 
そう、洗面所のタイルです。
 
 
モヤモヤの変遷↓

色濃すぎ、目地太すぎ問題発覚
【洗面所】やっちまったー!かもなタイル - 羊の家

時間が経てば薄くなるだろうと思ったがイマイチ納得できず
人生いろいろタイルもいろいろ - 羊の家

やり直しはしていただいたものの…
【Web内覧会③】白とグレーと時々グリーン【洗面所】 - 羊の家
 
 
Web内覧会記事でもまだくすぶっていますね。
 
色々あって仕上がりには全く納得しておらず、時間が経てば気にならなくなるかもしれない、と希望を込めて様子見を続けること一年半。

どうにもこうにもやっぱり気に入らないぜ!!

ということで今回対策を施しましたので記事にすることにいたしました。
早い話が当時の鬱憤をぶっちゃけちゃおうという内容です。
 
 

やり直した結果は果たして

施工やり直しの際、目地幅を狭めること、目地色を薄くすることと
理想の画像を見せ、目地を深くしてエッジを強調して欲しいと伝えました。
(やり直し代は幸い材料費のみの良心対応でした)
 
職人さんは「う~ん分からんなあできるかなあ」みたいなことをおっしゃっていましたが、今まで数々の家ブログで職人さんが「あまり期待しないでよ」風に言っても仕上がりはばっちりー!というのを見てきているので内心大丈夫だろうと楽観視していました。
現場監督も画像を見て理解してくれたみたいでしたし。

目地色は現場でホワイトと混ぜて自分で色味の確認もしました。

仕上がり↓ f:id:glante29:20181030173306j:plain

目地色はホワイトとライトグレーを2:1で混ぜてもまだ理想よりも濃かったorz。
多分9:1くらいにしないとダメだったと思いますし、現場で私もGOサインを出したのでこれに関しては文句は言えず。

目地幅はやや狭くなっており合格ライン(偉そうに)。

しかし目地の深さはあまりやり直し前と変わっていないような…気持ち深くなった?かな?程度。
エッジが目地に埋まっていて丸くのっぺりしていて、マシアの表情が殺されているように感じます。

「あ、ほんとに分からなかったんだ…」と茫然としました。
 
 
見せた画像はこちら。
f:id:glante29:20181030162129j:plain
マシア ホワイト 光沢|内装壁タイルの通販なら総合建材のアドヴァン

目地が深くてエッジが綺麗に出ている為、陰影がはっきりしているのが伝わるでしょうか?
 
この立体感、表面も側面も波打ったラインの曲線こそがマシアに感じた魅力なのです。
直線的な目地がいいのなら、始めからもっとフラットなタイルを選んでいます。
 
 

問題はそれだけではなかった

これだけならまだ技術、センス、相性の問題なのでしょうがない部分はありました。
職人さんも「できる」と断言はしなかったですし。

しかし、どうしても許せなかったことがありました。
 
近づいて見ると目地のそこかしこに白いゴミのようなものが混じっています。

f:id:glante29:20181030173854j:plain

タイルの施工前の状態を見たことがある方ならピンと来る人もいるかも。
これは、タイルの表面についているロウの緩衝材(重ねて保管する際に傷つけない為)に違いない。
 
そう思って営業Wさんに連絡すると「職人さんに確認します!」と一旦切り
10分後「そうです。緩衝材だそうです。」との返事。

だそうです、じゃないわ

何でそんなものが目地に紛れこんでるんだって話ですよ。
あ…書いてて思い出し怒りが…
 
こちらの想像通りに施工できないのはしょうがない。100%は伝わらないこともある。

でもこれは技術云々以前の話だ。

正直正当にやり直しを要求できるレベルだと思いましたが、こんな意識では何度やっても同じこと。
二度とN社のタイル職人にうちのタイルは触らせない、と心に決めました。
 
 

N社の対応

実際もうやり直しができる時間も無く(完了検査ど直前)、職人の手配もできないのは分かっていました。
 
とそこにWさんから「僕が削ります!」の申し出。

職人でもないWさんが何故…とか削ってなんとかなる…のか…?という思いはありましたが、先述通りもうN社さんにはお願いせず入居後自分でどうにかしようと思っていたので、”どうなってもいいや”と、とりあえずお願いしました。

straysheep.hatenadiary.jp

↑引っ越し直前の造作テレビボード取り付けの日、洗面所でWさんが一生懸命何かをやられていました。
私も仕事の昼休みに抜けて来ていて時間が無くテレビボードの方に付きっきりだったのでWさんの方はよく見てはいませんでした。
 
後日「削り過ぎが怖いのでこれ以上は無理です!」の報告と共に見た目地は…

見事にあちこち中途半端に削られてデコボコとなっている上ゴミはまだまだ残っており、一体何がしたかったんだという仕上がりでしたが(案の定だよ!)、悟りの境地だった私は「ああ…はい。」と何も言いませんでしたとさ。
 
二度とN社の人間にうちのタイルは(以下略
 
 

遂に最後の手段

目地を少し削って上から新しい目地を塗り込めばいーんじゃない?と安易に考えていた私。

入居後、外構(N社とは無関係の会社)のタイル職人さんがとても素晴らしかったので、責任者の方に修繕を相談したところ快く引き受けてくださいました。
よしこれで安心だ、と一息ついたのも束の間。

当の職人さんから「目地の上から目地は塗れない」とお断りの返事が。
きちんと接着できないし、後々割れてくるんだそうです。
一からのやり直しは周囲への影響も大きく現実的ではありませんでした。
 
絶望オブ絶望の淵に立たされていた私でしたが、残る手段としてとあるDIYに心当たりがありました。
 
但し少々面倒なのと、新築すぐにDIYしてしまうのに抵抗があった為、様子見を兼ねてその後1年半タイルをそのままにしました。
そしてついに限界が来て冒頭の「対策を施す」こととなるのです。
 
次回その対策について書いていこうと思います。

 
 
今日は以上です。
 
 
 
 
 
 
 
 
ほいでほいで?!とクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
一戸建て建築設計事務所ランキングに飛びます
 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
一戸建て注文住宅ランキングに飛びます
 
@ ´ エ`)つづくっ

【Web内覧⑩】子供部屋のあり方とは【子供部屋】

連日記録的な暑さですね。
すっかり引きこもりも板についてきた今日この頃です。
 
豪雨や熱中症など今年の夏は厳しい始まりになりました。
被災地の方々には心よりお見舞い申し上げます。
生活面など不便(という言葉では済まされないレベル)が多いと思います。募金くらいしか私にできることはありませんが、一日も早い復興をお祈りしています。
 
地域のハザードマップを見ながら、改めて夫婦で避難経路の確認も行いました。
土地購入時ハザードマップを確認してはいたのですが、水害については「まずないだろう」と舐めていたことを少し後悔しました。
土砂崩れと地震に関しては問題は無いのですが、川がすぐ側ではないものの近くにあり、全く水害の心配が無いわけでは無い土地なのです。
治水に精力的な土地柄なので、100年に一度の豪雨にも耐えられるように設計されていると聞きましたが、最近の天候は何が起こるか分かりませんしね…。

しかもよく見ると我が家の地域を囲う様に低い土地があり、浸水被害はなくても避難経路が絶たれ孤立化する可能性が見えてきました。
ただし備蓄が充実していれば少しは余裕が持てるかと思われます。備蓄品の定期的なチェックを怠らないようにしたいと思います。

 
さて、本日は子供部屋の内覧会です。

最初に言っておくと、どシンプルで何も見所はありません。
ただ、昨今の子供部屋のあり方について思うところを少し述べたいと思います。
 
 

Web内覧会について

内覧会は設計意図と仕様の説明になります。
基本的にポジティブな内容にしたいと思っていますので、失敗点や後悔部分は別記事にてまとめます。
なので「あれ?」と思うところがあってもスルーしてくださいませ。
 
■Web内覧会アーカイブ
 
【Web内覧会①】抜け感とフォーカルポイント【玄関ホール】
【Web内覧会②】シンプルなわびさび【和室】
【Web内覧会③】白とグレーと時々グリーン【洗面所】
【Web内覧会④】飾り気の無い大人空間【1Fトイレ】
【Web内覧会⑤】光に向かって昇る【階段】
【Web内覧会⑥】我が家のSymbol Light【二階ホール】
【Web内覧会⑦】我が家で最もPOPな場所【二階トイレ】
【Web内覧会⑧】既成ドアの可能性【ランドリールーム】
【Web内覧会⑧-2】青い小部屋【ランドリールーム】
【Web内覧会⑨】Brown×Navy【主寝室】

 
 

第十回は子供部屋です

 
過去記事には特に触れていません。
ご存知の通り私たち夫婦には子供がいませんので、今のところ子供部屋兼予備部屋でもあります。
 
 
子供部屋のあり方について、色んな考察がされていますよね。

例えば「引きこもりにならないように居心地悪く狭く」というのが最近の主流のように思います。
施主だけでなく施工会社もこういった考えを推奨しています。
リビング階段と同じく、なるべく家族同士顔を合わせて暮らしたいというのが根底にあるようですね。
 
また他にも
・知らない間に出て行かないように必ずリビングを経由する
・部屋の明かりが点いているのが分かるようにドアに明かり窓をつける
・寝室の前を通る動線
LDKから気配が分かる(吹き抜けなど)
 
などなど…お子さんのことをしっかりと見つめたいという親の意図がよく分かります。
 
ただですね。先述の通り私たちには子供がいません。

なので私たちは感覚は未だ子供に近い部分があります。
そして、その感覚で言わせてもらえば、上記の条件のような間取りは「勘弁してよ」なのです。
ちょっと過干渉かなあ、と。

ああっごめんなさい!物を投げないで!
 
 
 
今回のポイント、キーワードは
 
・シンプル
・流行りに乗れない

の2点でございます。
 
 
 
またまたまた階段ホールから始めます。
前回までのトイレ、ランドリールーム、主寝室と反対、コの字の手前側に子供室はあります。
ドアの位置はランドリールームと対になっています。
 
woh_stair_00
🄫 Daijirou Okada
 
 
さあさ入りましょう。どうぞどうぞ。
f:id:glante29:20180809192329j:plain:w400

右手の掃きだし窓からはバルコニーに出られます。
布団干しを考え、バルコニーには寝室、子供室(と勿論ランドリールーム)からもアクセスできます。
 
 
奥まで入ってドア方向に振り返って全体図。
おや行き場を無くしたクラビノーバがいますね。

woh_childroom2
🄫 Daijirou Okada

入口サイドにクローゼット(幅1,800)。 こちらの建具も神谷のものなので天井までのフルハイトとなっております。棚上の物がとりやすいのが利点です。
 
入居前の写真が無く、建築中になりますが建具無しの状態がこちらです。
f:id:glante29:20180809194631j:plain
 
 
クローゼット側の角からも見てみましょう。

woh_childroom1
🄫 Daijirou Okada
 
アクセントクロスも何も無い本当にシンプルな部屋です。

実は私の実家の部屋が、ピンクの絨毯、ピンク×オレンジのクロス、ピンクのカーテンというラブリー仕様で出来上がっていました。(ちなみに兄の部屋はお揃いのグリーンバージョンでした)
そして最悪なことに私は「ピンクが大嫌い」な女子でした。今は好き。

中学生になった時、自分の好みのカーテンにしていいよと言われ選んだのがモノトーンの超モダンな柄のカーテンで、クロスや絨毯と合わなくて相当焦ったのを覚えています。
とにかく好みのものを選ぼうと、他との調和をまるで考えていなかったんですね…。

そんな苦い思い出が、この何の特色も無い部屋に反映されております。
クロスやカーテン、それにラグは後からいくらでも変えられますしね。

ちょっと目に止まるのは掃きだし窓横の棚くらいでしょうか。
f:id:glante29:20180809195222j:plain:w400

ここはランドリールームの洗濯機の裏にあたります。
洗濯機の奥行がこんなにいらない、ということで浅くした結果生まれた凹空間に棚を作ることにしました。
上部にも必要とあらばそのうちDIYで棚をつけても良さそうです。ダウンライトの邪魔になりそうですが。
 
私はいらないと言ったのですが、ハムさんがここにテレビを置くと主張するのでテレビ端子用のコンセントが背面に設置されています。
最近の子はテレビとか見るんでしょうか?ゲーム機用のディスプレイ置き場になりそうな予感がします。
 
 
 
 
最近の子供事情が分からない上私たち自身が子供の感覚に近い為、子供部屋作りの基準は自分たちが育った部屋になります。

ただ二人の環境が違い過ぎました。

【私】
4畳半 / 絨毯敷き / 北部屋 / テレビ無し
【ハムさん】
6~7畳 / フローリング / 南部屋 / テレビ有り
 
ハムさんはたびたび私の実家の部屋が狭い狭いとディスってきます。
最低6畳は無いと狭い!テレビを置かないなんて信じられない!と最近の流れである「居心地悪く狭く」などはガン無視です。そもそもそういう風潮であることも彼は知りませんが。

私は私で正直バルコニー共有するのもちょっと、と思うくらい親と同じ空間を共有するのは避けたいと思う方です。
思春期にはそれこそ部屋にこもって出てこない方でした。
 
そしてどちらかというと親と親密な関係にあるのはハムさんで、私の方はかなり希薄な方だと自覚しています。(別に仲が悪いとかではありません)

何が言いたいかと言うと、間取りが親子関係に影響することはほぼ無いんじゃないかということです。

万が一子供がぐれたとか親子関係が上手くいかなくなった時に間取りのせいで…と後悔したくない、というのはあるかもしれません。
子供に何かあった時顔を見て察知したいという気持ちもよく分かります。

でも親と過ごしたい親と話したいと思うのは、もっと他の要因があるのではないかと。
 
 
自分たちの時代には無かった繋がりや遊び方が増えており、いつまでも昔の感覚ではダメなんだろうなとも思っています。
上記のことも子供がいないから言える甘い考えなのでしょう。
必要を感じればその都度家での過ごし方はアップデートしていきたいと思います。
 
 
結局のところ「親ガンバレ」ってことですね。
世のお父さんお母さん本当にお疲れ様です。
 

 

 
 
 

仕様


ダウンライト:DDL-5102AW(ダイコー)
スイッチ:NKP(JIMBO)
フローリング:ライブナチュラル/ブラックウォールナット(朝日ウッドテック)
クロス: LW-210(リリカラ will)


 
 
 

次回予告

 
納戸…こそ見るところ無い

 

 

   
今日は以上です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
参考になったよ!とクリックしていただけると頑張ります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
一戸建て建築設計事務所ランキングに飛びます
 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
一戸建て注文住宅ランキングに飛びます
 
@ ´ エ`)個人の見解でやんす

【Web内覧会⑨】Brown×Navy【主寝室】

家インスタグラマーが本当に増えているな…とひしひしと感じます。
画像にテキストを書き込む方が多く、一枚目の画像はタイトルのみみたいなことも多々。Tumblrの使い方に近いのかな。

結構長文なのにブログは書かないのかな?と思いますが、やはりInstagramの手軽さには敵わないところがあるのでしょうね。ブログサービスごとの壁みたいなものもないですし。
正直ブログ村の家カテゴリの賑わいも、去年あたりから少し寂しく感じています。
 
そしてやはり映えの世界。
家づくりそのものもさることながらインテリアセンス抜群の方が多くて非常に眼福です。
ブログ界よりも富豪率が高いような気がするのは思い過ごしでしょうか…。
 
そんな富豪の方々に混じって私も細々とpostしていきたいと思います。

隠れ読者の方がコメントくださるのがとっても嬉しいです。
ただ皆様本当にセンスが良くてらして、私のブログ何か参考になることありました…?と変な汗をかいております。

今後ともお気軽に絡んでいただけると嬉しいです。かしこ
 
 
 
さて、本日は主寝室の内覧会です。
割と珍しく壁紙の張り分けなどもしており、ややこってり目の内装となっております。
 
 

Web内覧会について

内覧会は設計意図と仕様の説明になります。
基本的にポジティブな内容にしたいと思っていますので、失敗点や後悔部分は別記事にてまとめます。
なので「あれ?」と思うところがあってもスルーしてくださいませ。
 
■Web内覧会アーカイブ
 
【Web内覧会①】抜け感とフォーカルポイント【玄関ホール】
【Web内覧会②】シンプルなわびさび【和室】
【Web内覧会③】白とグレーと時々グリーン【洗面所】
【Web内覧会④】飾り気の無い大人空間【1Fトイレ】
【Web内覧会⑤】光に向かって昇る【階段】
【Web内覧会⑥】我が家のSymbol Light【二階ホール】
【Web内覧会⑦】我が家で最もPOPな場所【二階トイレ】
【Web内覧会⑧】既成ドアの可能性【ランドリールーム】
【Web内覧会⑧-2】青い小部屋【ランドリールーム】

 
 

第九回は主寝室(ウォークスルークローゼット含む)です

 
間取りと要望はこちらをご覧ください。
straysheep.hatenadiary.jp

 
今回のポイント、キーワードは
 
・スイッチの位置
・ウォークスルークローゼット
・プリントでは無く質感のクロス

の3点でございます。
 
 
 
今日も階段ホールから始めます。
トイレとランドリールームの間の部屋が主寝室になります。
我が家に二つしかない開き戸のうちの一つとなっています。
 
woh_stair_00
🄫 Daijirou Okada
 
奥まで入ってドア方向に振り返ってドン。
woh_bedroom1
🄫 Daijirou Okada
 
 
テレビを入口左側のカウンターに配置。

このカウンターは割と低めで高さ550です。(ハムさんが寝ながら見るから低い方がいい!と主張。個人的にはあと20㎝上でもいいと思います。)
普段あまり寝室ではテレビは観ることはないのですが、W杯期間の今はお世話になっています。
昨日(今朝?)も3時に起きて観戦しました。(日本代表お疲れ様!感動しました!)
 
このカウンターにはインターホンの子機も置く予定だったので、写真では見えませんがテレビの左側の壁、カウンターより上の位置にコンセントをつけています。
 
ネイビーの壁紙は紙ではなく布?シルクっぽい手触りの織物状。なのでひっかきにめっぽう弱いです。
woh_bedroom5
 
 
続きましてベッド足元からドン。
woh_bedroom2
🄫 Daijirou Okada
 
特徴的な壁を背にベッドを配置しております。
ベッドは旧居からの継続使用で、サイズはワイドダブル(メーカーによってはクイーン表記)。
ベッドの横幅とヘッドボードの高さに合わせてニッチ(1,600×200)を作ってもらいました。

ニッチはリモコンやスマホなどのちょい置き場となっております。
ちなみに、ニッチ内の壁紙は先ほどのテレビ裏と同じネイビーの壁紙、下台には一階の床材であるウォールナット無垢フローリングを使用しております。
 
ニッチの両端は家具用コンセントをそれぞれ配置してスマホ充電の電源を確保。
f:id:glante29:20180702191515j:plain
 
壁紙はこれまた柄ではなく実際の紙糸を織った紙布(しふ)状になっています。
woh_bedroom4
 
私の理想とする壁紙はこちら↓でして
https://theultralinx.com/.image/c_limit%2Ccs_srgb%2Cq_auto:good%2Cw_500/MTI5MDI0ODMxNDg3NDIxMDU5/tumblr_mbfx2eocfz1qkegsbo1_500.webp
Random Inspiration #51 | Architecture, Cars, Girls, Style & Gear - UltraLinx
 
似たようなものを求めて輸入壁紙を1,000枚以上見たのですが、かすりもしませんでした…。
 
 
続きまして、壁の裏に回ってクローゼットの方へ。
woh_bedroom3
🄫 Daijirou Okada
 
片側はハンガーパイプ、片側(壁の裏)は可動棚となっています。
可動棚は棚板を増やすこともできますが、今も2段のままです。
棚というよりカウンターとして利用することが多くちょい置きに重宝しています。
 
ここでちょっと小話を。
ハンガーの幅は40cm〜45cmくらいが一般的なサイズで、そのハンガーに服を掛けるとなると大体奥行が約60cm必要になります。
両側ハンガーにすると120cm+人が歩くスペースの60cmを加えて最低180cmの幅が必要になります。
ですがその有効幅を確保するのは尺モジュールでは簡単では無いと思います。

そこでおススメしたいのがこの片側ハンガー片側棚でございます。
我が家の場合は全体の幅は150cm未満なのですが、棚の奥行は30cmなので十分通路部分もとれますし、片側には服が無いので万が一でも洋服にこすれて洋服を傷めることもありません。
棚の奥行を40~45cmにすれば大概の収納家具類は入るでしょう。
省スペースでストレスの無いウォークインクローゼットをお求めの方はご参考まで…。
 
 
最後にスイッチに触れて終わりにしたいと思います。
 
間取り図ドン。
f:id:glante29:20180702200120j:plain

寝室の照明は、図面右から
①ベッドの足元のダウンライト
②ベッドの枕元の間接照明
③クローゼット内にダウンライト
 
①と②は寝室入口と枕元で操作できます。
これにより、部屋に入る時に照明をつけて、寝る時に枕元で消すということが可能になりました。
 
ちょっとカッコ悪いかもですが、ニッチの天井に①②のスイッチがあります。(②は調光機能つき)
f:id:glante29:20180702200837j:plain

③はウォークスルーの両入口で操作できます。
クローゼットに限らず、ウォークスルーの場所には入口と出口両方にスイッチをつけることを強くおすすめします。

とにかく便利!スイッチのつけ忘れ切り忘れで行ったり来たりが無いのでノンストレスです!
 
 
 
これにて主寝室の内覧会は終わりです。

上の写真の時はベッドカバーがネイビーで、かなりブラウン×ネイビーの濃い寝室となっていますが、現状は割と白い感じの爽やか夏仕様。
f:id:glante29:20180703195140j:plain

カーテンレースはシンプルなトルコレースで、白に見えますがライトグレー。
ドレープは遮光2級です。
1級だと暗すぎ、かといって遮光無しでは昼間に寝たい時(病気またはシフト勤務時)に少々辛いかと。
f:id:glante29:20180703202616j:plain
 
プライベートスペースということもあり、インテリアを整えるのが後回しになっていますが(ベッドコーディネートが適当な時点でお察し)ちょこちょこ変わってますのでまたお披露目できたら、と思います。
 

 

 
 
 

仕様


ダウンライト:DDL-5102AW,DDL-5104AW(ダイコー)
間接照明:AB45360L(KOIZUMI)
スイッチ:NKP,KAG1505(JIMBO)/AE45677E(KOIZUMI)
コンセント:KAG1502SB(JIMBO)
フローリング:ライブナチュラル/ブラックウォールナット(朝日ウッドテック)
クロス: LL-8190(リリカラ LIGHT)/SW2251(シンコール WallPro)/SW2183 (シンコール WallPro)


 
 
 

次回予告

 
納戸と予備室をちゃちゃっと

 

 

   
今日は以上です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
参考になったよ!とクリックしていただけると頑張ります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
一戸建て建築設計事務所ランキングに飛びます
 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
一戸建て注文住宅ランキングに飛びます
 
@ ´ エ`)枕いっぱい置きたいの