羊の家

迷えるヒツジとクマの家づくり 30代夫婦が建築家と工務店と三者四脚で走る備忘録

【Web内覧会④】飾り気の無い大人空間【1Fトイレ】

ちょっと間隔が空きました。
朝夕は大分涼しくなって秋の気配を感じる今日この頃。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
 
 
我が家先週末は半年点検でした。
もう入居して半年も経ったんですね。(なのにまだ内覧会の序盤というていたらく…!)
3つの季節が過ぎようとしていますが、未だに手をつけられていない場所もあります。
夏は暑すぎて作業が全く捗らないので、もう少し涼しくなったら再始動できるように準備していきたいと思います。
 
 
さて本日はトイレの内覧会です。
 
他の部屋に比べて小さなスペースなのでそんなに書くことは無いかなと思ったのですが、意外とパーツが多い場所でもあります。
ここのインテリアは竣工前から確定していたので、入居してすぐ形になりました。
 
 
 

Web内覧会について

内覧会は設計意図と仕様の説明になります。
基本的にポジティブな内容にしたいと思っていますので、失敗点や後悔部分は別記事にてまとめます。
なので「あれ?」と思うところがあってもスルーしてくださいませ。
 
■Web内覧会アーカイブ
 
【Web内覧会①】抜け感とフォーカルポイント【玄関ホール】
【Web内覧会②】シンプルなわびさび【和室】
【Web内覧会③】白とグレーと時々グリーン【洗面所】
 
 
 

第四回は1Fトイレです

 
間取りと計画の内容はこちらをご覧ください。

straysheep.hatenadiary.jp  
 
要望はこちらをご覧ください。(水回り関連一緒くたです)

straysheep.hatenadiary.jp
 
トイレは計画や要望と変わったところが多いかも。
 
 
ポイント、キーワードは

・造作カウンター
・ストラップの鏡
・ノーアクセントクロス

でございます。
 
 
玄関からすぐ左手の引き戸がトイレです。
f:id:glante29:20170829201040j:plain:w400
 
建具は洗面所と同じ神谷のフルハイトVERTICAイタリアンウォルナットです。

玄関すぐのトイレについての是非は昔から問われていますね。
玄関での来客中に行きづらいというのが主な理由だと思いますが、昔と違って玄関で長話するようなお客さんもいませんし、2Fにもトイレはありますので現代においては何も問題は無いと思います。
ただ玄関から見てパッとトイレであることが分かったり、ドアを開けた先が玄関正面、というのはちょっと気がひけるのでそこだけ少し考える必要があるかな。

それよりもリビングからの距離を考えた方が良いように思います。
私の場合はですが、家族であっても客の立場であっても、リビングからできるだけ遠い方がリラックスできますので…。
 
 
それでは我が家の1Fトイレです!

1FWC_0
🄫 Daijirou Okada
 
メーターモジュールなので奥行が2,000、横幅は芯芯で1,185。
比較的余裕がある面積だと思います。
またトイレマットや便座カバーは、洗濯が面倒なのと清潔を保てないので使用しません。
※そもそもアラウーノは便座カバーNGです。
 
トイレはPanasonicアラウーノSⅡ。
工務店標準の一番リーズナブルなタンクレストイレでした。
トイレはやっぱりTOTOでしょ!とネオレストにも憧れましたが、いかんせん差額が結構あったのであっさりアラウーノに決定。
 
アラウーノと言えば流すたびにモコモコの泡と水流でお掃除してくれるという激落ちバブル。
先輩がたに倣い、どれくらいの放置で汚れるのか実験してみたところ4か月くらいで溜水部分に黒カビができ始めました。
輪ジミやピンクカビ、こびりつきなどはできていません。
(便座裏は勿論、フチ裏は定期的に掃除した方がいいと思います)

でも黒カビ…?季節的なものもあるのでしょうか。あまり聞かない話なので困惑。
掃除の際はボタン一つで水位は下がるものの、下がりが甘いので停電時用の手動ハンドルで排水しています。
 
 
リモコンはスティックタイプが無いのが残念。
大きいけど、モノトーンなのは評価します。(上から目線)
f:id:glante29:20170829201350j:plain

 
少しアオリ構図なので鏡がえらく上にあるように見えますが、160cmの私でちょうどいい位置に設定してあります。
引っ掛けてある照明に荷重がかからないように鏡は固定してあります。
f:id:glante29:20170829201032j:plain:w400
サイドのステッチとベルトが特徴的。
 
鏡探索の顛末↓
straysheep.hatenadiary.jp

照明はAJウォールのリプロダクト。
鏡を照らします。
f:id:glante29:20170829201026j:plain:w400
 
 
カウンターを見ていきましょう。
f:id:glante29:20170829201019j:plain:w400
 
手洗いボウルと水栓はKAWAJUNのものです。
ここにはあまり予算を割くつもりはなかったので、工務店提案からさくっとチョイスしました。
f:id:glante29:20170829201012j:plain
写真のせいで26cm幅のカウンターに対して小さく見えますが、一番奥行のある場所で20cmです。
 
 
ボウルの横にはトイレットペーパーの予備とアロマデフューザーを。
f:id:glante29:20170829201205j:plain
 
YAMASAKI DESIGN WORKSのトイレットペーパートレイはこんな感じ↓で3の字。素材はステンレスの艶消しです。
3連(6個置き!)のものや木製のタイプもあります。

アロマデフューザーはTherapy Rangeのものです。
香りはワイルドミント&ベルガモットでスッキリと。
茶色い瓶がヨーロッパの薬瓶ぽくてお気に入りです。
 
 

 
 
 
カウンターはPanasonicの耐水インテリアカウンター(現インテリアカウンター:耐水集成タイプ)です。
素材はアカシアの集成材で色はダークです。
f:id:glante29:20170829201156j:plain

我が家は旧仕様で、アカシア素材のみブラックダーク、ダーク、ミディアム、ライト、ホワイトの5色しかありませんでしたが、現行はゴム集成材タイプも増え10色展開のようです。
耐水集成タイプ | インテリアカウンター | 室内ドア・フローリング・収納 | Panasonic
 
アカシアは木目の表情豊かな木材なのですが、集成材になっているせいか思ったよりおとなしめだと思いました。
それでもゴム集成材に比べると大分ワイルドです。

表面はしっかり耐水加工されているので、水が飛んでも全く染み込まずお手入れも楽々です。
水回りに木を使いたくない人でもこれならOKかと。
ややツルツルなので、木の温かみを求める人には力不足かも。
 
また好みのサイズ、形状のオーダーが可能で、端部の形状選択や穴あけ加工など自由が効きなおかつお値段も抑えめというなかなか優秀な建材だと思います!
気に入り過ぎて、我が家ではもう一か所このカウンターを採用している場所があるほどです。
 
 
手洗い器の下に配管隠しを兼ねた収納を造作。
幅は90cmくらいでプッシュラッチの観音開き扉です。
f:id:glante29:20170829201331j:plain
中はトイレットペーパーのストック、掃除用具、洗剤、サニタリー用品などが入っています。
適当に入れても容量はまだまだ余裕アリ。  
 
 
さて続いてはペーパーホルダーです。
f:id:glante29:20170829201148j:plain
こちらはリラインスです。施主支給しました。
素材はサテンニッケルで、艶消しヘアラインなので指紋がほとんど目立たないのが嬉しい!

計画ではカウンターの下に位置する予定でしたが、何故か天井付けではなく壁付けタイプのホルダーを選んでしまった為、カウンター下の奥の壁に取り付けると手が届かないことが土壇場で判明しました!
というわけで現場で職人さんと相談してカウンターの反対側に取り付けていただくことにしました。
 
ぱかー
f:id:glante29:20170829201139j:plain
ペーパーを差し込むだけのタイプです。
使用中に抜けることは全くありませんし、蓋の重さで紙もむやみに千切れたりせず使い勝手のよいペーパーホルダーです。シンプル派にオススメ!
 
 
タオルリングもリラインスの同じシリーズのものです。
同じくサテンニッケル。
手洗い器の左側の壁についています。
f:id:glante29:20170829201129j:plain
ペーパーホルダーとタオルリングの素材を水栓に合わせてピカピカクロムにするか、ドアの鍵に合わせてサテンニッケルにするか迷いましたがサテンニッケルにしてよかったと思います。
落ち着きが出ますし、何より指紋が目立たない…!
 
 
ちなみにドアの鍵。ちょっと珍しいタイプ。
手がけと反対方向についています。
f:id:glante29:20170829203447j:plain
 
 
最後に床。
タイル調のクッションフロアです。ムラのあるダークカラーで締めます。
f:id:glante29:20170829201337j:plain
特徴としては滅多に無い15cm角サイズのタイル調であること。
大体30cm角サイズが多いと思うのですが、トイレの様な小さな空間では少し大きすぎるような気がします。  
 
 
 
1Fトイレは以上です。
 
 
洗面所と同じくパブリックスペースであることを意識した結果、このようなシンプルで飾り気の無い場所となりました。
とても落ち着いて集中できます。
 
f:id:glante29:20170829201325j:plain:w400
 
トイレは小さなスペースなので、アクセントクロスなどで冒険をしやすい場所だと思います。
ですが、1Fに関しては全体の統一感(和室含め)を何より重視したので、そこはぐっと我慢をしました。

パブリックスペースはどこにもアクセントクロスを使用していないので、ここだけ柄や色を持ってくるのは不自然に感じました。
見る人によっては殺風景に感じるかもしれませんね。
一応まだ物は増やす気はあるのですが、なんせセンスに自信が無いので釘を打ったり等大がかりなことはまだまだできそうにありません。
 

また、タイトルの「大人空間」とは、ラグジュアリーとか圧倒的センスとかそういうことではなく、ただ単に子供が使うということを想定していない作りであるという意味です。
手洗いボウルも比較的小さく、壁は撥水タイプとはいえクロス、その上白ですし、水や汚れがあちこちに飛ぶということに対応できていません。
もし必要になったら一時的な対処はしようと思いますが、最初から設計に組み込むことしませんでした。
 
将来的にどうなるか分かりませんが、今のところは大人二人これで問題ないです。
 
 
 

仕様


トイレ:アラウーノSⅡ(Panasonic
手洗いボウル:HL-029(KAWAJUN)
水栓:HA-009-XC(KAWAJUN)
カウンター:インテリアカウンター/ダーク(Panasonic
ペーパーホルダー:R1905SN(リラインス)
タオル掛け:R1924SN(リラインス)
収納:造作
鏡:Ørskov
照明:DDL-5102YW(DAIKO)
鏡用照明:AJウォールリプロダクト(E-comfort)
クッションフロア:CF4337(東リ)
サッシ:APW330(YKK AP
スイッチ:NK serie(JIMBO)


 
 
 

次回予告

 
次は…階段?あ、お風呂行ってないね!

 

 

 
本日も長々とお付き合いいただきありがとうございました!  
今日は以上です。
 
 
 
 
 
 
 
 
トイレ大人だね!とクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
一戸建て建築設計事務所ランキングに飛びます
 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
一戸建て注文住宅ランキングに飛びます
 
@ ´ エ`)お風呂は普通にユニットだしな~