読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の家

迷えるヒツジとクマの家づくり 30代夫婦が建築家と工務店と三者四脚で走る備忘録

土地は手に入れた…はず!

土地 建築前夜

まだ土地は決定したわけではなかったんですが、工務店が決まったのは今思い返してもあの瞬間なので、あの時点で工務店を決める旅は終わりです。
 
土地の話はもう少しだけ続きます。
 
 
 
Fくんは二時間後帰って来ました。
が、何やら表情が固いのが気になります。

まず、造成完了の時期が聞いていた4月ではなく6月になります。
うん?まあ…間に合う…かな?
乗り掛かった船です。今更降りられません。
 
そして第一希望の区画はすでに申し込みが入っていました!
さすが私の見初めた土地やで。
 
この時はまだ造成も着手しておらず、土地情報も表に出ていないただの空き地です。
なのにこの時点ですでに5件以上の申し込みが入っていました。
 
 
理由はいくつか考えられます。

①シリーズものだったから
とある名前のついた(~の丘とか~の街とか)分譲地シリーズで、街の雰囲気が大体想像できるのが安心材料ですね。 道路も広く、緑も多い人気分譲地です。
 
②老舗のT2社が手掛けているから
T2社はこのあたりでは土地の数も施工数もナンバーワンです。
信頼と実績、というやつでしょうか。
 
③人気の地域だったから
私たちは意識していませんでしたが、まあまあ人気の小学校のすぐそばでした。
それにあのポシャッた土地のすぐ近くでありながら、町名が違っているのも大きいです。
(ポシャ土地がA町この土地がB町だとすると、A町は田舎寄りB町は中心地寄りなイメージなのです)
 

T2社さんのお客さんで待ってた方もいらっしゃったと思います。
しかしこの分ではあっと言う間にいい所は埋まってしまいそうです。  
 
第一希望がだめとなると、他の候補から選ばないといけません。
幸い南道路と角地の区画から申し込みが入っているようで、残りの3区画は無事でした。
 
「じゃあどれにしようかな…」
と、その時Fくんの口から衝撃発言が!
 
「そこは建築条件がはずれません。」
 
 
エッΣ(・ω・ノ)ノ!
 
 
この分譲地は前記事のとおり南道路、北道路、西道路の区画で構成されています。
そのうちの南道路、北道路の区画は条件がはずれないというのです!
 
 
な…なんだってェーーー!!!
 

 
西道路の区画は分譲地の端っこの1列10区画のみです。
50区画のうちの40区画は条件をはずさない。T2社さんなかなかの強気です。さすが人気分譲地。
この区画だけ、なんだか個性がバラバラな家が立ち並びそうですね。
 
 
もともと私は(ハムさんは違うかも)土地の希望としては北→西→東→南道路だったので、西道路でも全然OKです。
ただ、この分譲地の隣はまだ田畑で何が建つか分からないというリスクはありました。
しかし四方は完全に新興住宅街です。そこも将来的に住宅地になる可能性はかなり高いと思いました。
 
「分かりました。ではこの区画でお願いします。」

条件外しの客としては一番乗りなので、その10区画の中でも一番いい区画に申し込めました。
間口12m弱、奥行12m強、敷地内に電柱の類も無い50坪強の土地です。  
 
 
後日、無事申し込み完了の報告を受けほっとしました。
でも本当に自分たちの土地になるのはまだまだ先のことです。

 
現況:順調に造成が遅れて完成は8月末の予定です。  
 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
↓クリックしていただけると俄然やる気が出ます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
一戸建て注文住宅ランキングに飛びます

 
@ ´ エ`) MMRのアレを想像していただければ幸いです