読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羊の家

迷えるヒツジとクマの家づくり 30代夫婦が建築家と工務店と三者四脚で走る備忘録

工務店を決めよう⑤ ~D社さんの場合 前編~

今日はD社さんのお話です。
   
straysheep.hatenadiary.jp    
↑この記事でD社さんについてはこう記しています。  

新進気鋭のデザイン工務店
有名建築家設計の家の施工を請け負ったりもする
和モダンな外観にひとめぼれ
見た目だけでなく住宅性能にも自信あり
コストはN社と同等かそれ以上

   
straysheep.hatenadiary.jp  
↑またひとめぼれについてはこの記事に書いています。
 
 
D社さんは設計事務所+工務店で、自社で工事を行う施工技術の高さと、設計事務所であることによる提案力の高さが売りでした。
そしてなんと言っても特筆すべきはそのデザインセンスで、関西でもトップクラスだと思います。
しかし見た目だけではなく、構造や断熱にも一家言を持ったなかなかタフな会社でした。
 
 
資料が届いてすぐオープンハウスを申し込んだ私たち。
ひとめぼれした家があった分譲地には、お施主さんの好意で数ヶ月モデルハウスとして提供されていた家がありました。
そこもやはり外観は黒の左官仕上げの壁で落ち着いた佇まい。
ドキドキしながら入ると、中はオーク材を多用した明るくて軽やかな空間が広がっていました。
 
それまで見てきた建売住宅や他社の家とは明らかに違いました。
オシャレだけども浮ついた感じでは無く、また自然素材の家、というほど本気の木の家ではありませんでした。
キッチンがまた素敵なアイランド風のペニンシュラで、初めてサンワカンパニーというメーカーを知ったのもこの時です。

一階が広々とした吹き抜けだったのに対して、二階が少々狭すぎるのが気になりましたが、
とにかく今まで見たこともない素敵な家でした。
 
 
案内してくれた方は営業さんと言うよりも、コンシェルジュと言った方がしっくりくる感じでした。
スーツじゃなかったせいもあるかも。白シャツ白パンの爽やかかつ大胆コーデですよ。
三◯春馬さんに似ていたので春馬さんと以後呼ばせていただきます。
 
質問に対して次々と的確な返答を返してくれる春馬さん。
簡単なようでこれは結構珍しいことだと思います。
こちらの聞き方の問題もありますが(知識少ないし)、「いやそういうことじゃなくて…」と言いたくなるような返答をする営業さん結構いらっしゃる気がします。 
 
 
帰り道で激しく盛り上がる夫婦。
 
@ ・ ∀ ・)「良かったねー!!」
( ・ (∀)・)「めっちゃ良かったねー!!」
わいわいわい!  
 
かつてハムさんがこんなにテンションが上がったことがあっただろうか!  
ハムさんは基本的にイチャモンつけなので、こんなに手放しで褒めるのは珍しいのです。
というか私も含め色んな家を見てきて、ここまで盛り上がったのは後にも先にもこの時だけでした。
 

 
その後私たちは春馬さんと共に土地探し行脚しーの
前回の土地のお話をしーの
完成見学会でまた別のお宅を見せてもらいーの
住宅ローンの仮審査クリアしーの、で
 
 
 
いよいよ、間取り設計をお願いする段になりました…!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
↓続き読んでやってもいいよーという方がいらっしゃいましたら是非クリックを!  
ブログランキング・にほんブログ村へ
一戸建て注文住宅ランキングに飛びます

     
@´ エ`) 続くっ。